マンション売る 税金

マンションを売る時の税金は?

 

 

 

税金といってもいろいろありますが、
マンション売却のときに一般的に指す税金としては

 

譲渡所得税

 

のことです。
この税金がかかるポイントの1つに、

 

売却による利益が生じること
という大きなポイントがあります。
なので、売却しても損しか残らなかった。
という方は売った金額に対して税金はかからないのでご安心ください。

 

さらに、譲渡所得税額には特例があり、この特例のおかげでほとんどの方が税金はかからないようになっています。

 

それは3000万円特別控除という制度です。

 

税金の対象となる所得金額は下記のように計算されます。

 

売った額(譲渡額)−取得費(購入時の金額)−譲渡費用(仲介手数料など)−特別控除(3000万円)

 

これがプラスになる際に税金がかかるわけですが、3000万円以上で売却されなければ税金はかからないことになります。

 

なので、ほとんどの方は税金がかからないと説明したのはこんな理由からなんですね。

 

覚えておきましょう。

 

他にも税金については細かい計算がありますので、税務署等に相談することをオススメします。

 

 

マンションの査定はとにかく早めにするのがいいです。
無料で複数社に査定してもらい、あなたのマンションの価値を教えてもらいましょう。
査定については、簡単に信頼できる不動産会社へ依頼できるサイトがあります。
詳しくは下記のリンクページで紹介しています。
マンション査定まずはマンションの査定から。机上査定だけでも。

 

 

よく読まれているページ

 

>マンション売却の税金は?